村野 健太郎 教授

大気環境化学研究室

酸性雨や大気汚染物質を大学キャンパスで捕集し,化学分析することにより都市汚染,越境大気汚染などの大気環境の評価を行っています.環境問題は快適で便利な生活を追い求めてきた現代人に突きつけられた課題です.本学で,キャンパスライフを楽しむと同時に環境化学,物理化学,無機化学,有機化学,化学工学等の化学の基礎をきわめて環境問題の解決に取り組んで下さい.

研究テーマ

  1. 酸性雨の化学分析による大気汚染メカニズムの解明
  2. 大気中のガス・粒子状物質の観測による物質循環の解明
  3. 同位体比測定による大陸からの越境大気汚染の解明

在職当時の情報です(2017年3月更新)

教員一覧へ戻る